[報告会] 2018.3.21 wed 「『S-AIR Award』の派遣作家による報告会」

DM_jeremy

 

ジェレミー・ハッチソンによるアーティスト・トーク&After AIR: S-AIR アワード報告会

 

日時:2018年3月21日(水・祝)18時〜(風間天心の報告は20時くらい)

会場:なえぼのアートスタジオ(札幌市中央区北2条東15丁目26-28)

入場無料

https://sairblog.wordpress.com

 

「アジアにおける経済/信仰/アートの行方」 風間天心

僧侶でありアーティストでもある風間天心は、カンボジアで、現代アートシーンを引率するアーティスト・ラン・スペースのSa Sa Art Projectで滞在制作。「廃仏毀釈」の逸話を題材にした作品に対する現地の人々の反応、同国における若者の「信仰」についての調査内容について報告します。

 

 

S-AIR Exchange Programme 2017 冬期プログラム

主催:特定非営利活動法人S-AIR

助成: 文化庁 平成29年度アーティスト・イン・レジデンス活動支援を通じた国際文化交流促進事業 / 札幌市さぽーとほっと基金助成事業

協力:Arts Catalyst さっぽろ天神山アートスタジオ なえぼのアートスタジオ

[展覧会] 2018.3.3 sat 〜 3.25 sun 「JR TOWER ARTBOX 授賞作家展『拡散した光彩たち』」

1518415995@2x

JR TOWER ARTBOX 授賞作家展「拡散した光彩たち」

JR TOWER ARTBOX Exhibition “KAKUSAN shita KOUSAI tachi”

 

日程:2018年03月03日(土)~2018年03月25日(日)

時間:10:00-19:00(入場は18:30まで)

会場:JRタワープラニスホール

札幌市中央区北5条西2丁目札幌エスタ11階

入場料:一般・高大生300円(中学生以下無料)

お問合せ:プラニスホール TEL 011-213-2776 / JRタワー文化事業部 TEL 011-209-5075

 

 

JRタワーは本年3月をもちまして開業15周年を迎えます。

つきましては、15周年を記念して、JRタワー・アートボックス授賞作家展「拡散した光彩たち」を開催いたします。

「駅」という都市空間のさまざまな交差の「記憶」の継承を、「アートのちから」に委ねたいと始められたJRタワーのアート・プロジェクトは、[アートボックス]というパブリックアートへ挑戦する「函空間」を設け、2008年から一般公募を開催して、10年目を迎えました。JRタワー東コンコースの「アートボックス」で、作品を展開してきた作家の中から、審査委員により選抜された活躍中14名の作家たちによる、光彩する「今」をご覧ください。

 

出品作家(五十音順)

磯崎道佳 ISOZAKI Michiyoshi

今村育子 IMAMURA Ikuko

風間天心 KAZAMA Tengshing

Kit_A[北芳樹] KITA Yoshiki)

北川陽稔 KITAGAWA Akiyoshi

経塚真代 KEIZUKA Masayo

斉藤幹男 SAITO Mikio

高橋喜代史 TAKAHASHI Kiyoshi

武田浩志 TAKEDA Hiroshi

東方悠平 HIGASHIKATA Yuhei

南俊輔 MINAMI Shunsuke

毛内やすはる MOUNAI Yasuharu

森迫暁夫 MORISAKO Akio

山本雄基 YAMAMOTO Yuki

 

○ギャラリートーク

3月11日(日)午後2:00より

※展示会場内での開催のため、ご参加には当日の入場券が必要です。

五十嵐威暢(審査委員長/アーティスト、多摩美術大学名誉教授)

岡部昌生(審査委員/美術家)

伊藤隆介(審査委員/映像作家、北海道教育大学教授)

 

主催:札幌駅総合開発株式会社

後援:札幌市 札幌市教育委員会

 

http://www.jr-tower.com/planishall_news_detail/2588

[展覧会] 2018.1.27 sat 〜 3.28 wed 「500m美術館vol.25 500メーターズプロジェクト005『冬のミカタ』」

5b24d40063edf8785b132da898c50d6b-2-e1516773020340

 

◼︎開催概要

会期:2018年1月27日(土)~3月28日(水)

時間:7:30~22:00

会場:札幌大通地下ギャラリー500m美術館

住所:札幌市中央区大通西1丁目~大通東2丁目

主催:札幌国際芸術祭実行委員会/札幌市

 

◼︎企画趣旨

厳しい寒さや、深い雪のなかで生活する北海道の人々にとって、冬を乗り切るのは大変です。そんな住んでいる人の誰もが共感してしまう北海道の冬の厳しさに、ボランティアチーム「500メーターズ」は目を向け、少しワクワクするような『冬を楽しむプラン』を500m美術館で提示して、みんなで寒い冬を乗り切っちゃおう!と考えました。

500m美術館の通勤や通学に使われる地下コンコース通路に設置されている展示空間という特殊性を活かし、地下通路を行き交う多くの人々の日常である除雪作業や寒さ対策など、日々の当たり前のことだけど、ちょっとだけ考え方や、やり方を変えたら楽しくできるという気づきを得られる場所にしたい。そして、500m美術館の存在や、アートの世界をより身近に感じていただけるきっかけにもなる展覧会をめざしています。

 

◼︎出展者

赤坂真一郎

加賀城匡貴

風間天心

斉藤幹男

進藤冬華

中井令

東方悠平

札幌オオドオリ大学雪部

雪育×佐藤圭

石山ひなの/ 岩崎麗奈(Think School )

園山茉生/ 原雅司(札幌市立大学)

村田アグネス彩(北翔大学)

雪かき本舗(札幌大谷大学)

鷲尾幸輝 / 木津遼真(北海道教育大学)/ 石倉健太郎(北海学園大学)

◼︎500メーターズとは?

札幌大通地下ギャラリー500m美術館を拠点に、アートマネジメントを学びながら活動するボランティアチーム。2013年度の結成以来、年度ごとに組織され、アーティストの制作・展示の補助や美術館の清掃など、500m美術館の運営管理をサポートするとともに、「500メーターズプロジェクト」として、毎月ミーティングを重ねながら、500メーターズによる企画展の実施に向けた活動に取り組んでいます。

 

◼︎関連企画

500メーターズトーク「5年目のメーターズ」

日時:2018年1月27日(土) 13:00-14:00

会場:札幌市資料館 1F

住所:札幌市中央区大通西13丁目

※1月27日14時30分から同会場にて第6回札幌500m美術館賞グランプリ展の受賞式、トークを行います。

http://500m.jp/exhibition/4259.html