[個展] 2018.11.6 tue 〜 11.17 sat 「Surfaith」

tengshing2018_120_235_01

 

風間 天心「Surfaith」

 

日程:2018年11月06日(火)~2018年11月17日(土)

時間:13:00-19:00

会場:CAI02

住所:札幌市中央区大通西5丁目昭和ビルB2

休廊日:日.月.祝

入場料:無料
主催:CAI 現代芸術研究所

URL:http://www.cai-net.jp

 

レセプションパーティー:11月10日(土) 19:00~

アーティストトーク:11月17日(土) 19:00~

 

 

風間天心は美術家であり、そして僧侶です。近年は日本における神道や仏教にも関わる祝儀袋や不祝儀袋など進物用の包みを結びとめる「水引」を使用した美しい平面、立体を制作してきました。本年2月にはカンボジアの現代美術団体「Sa Sa Art Projects」に滞在し、カンボジアの寺院に奉納されるイグサの民芸をモチーフにした作品を制作。視点を日本からアジアに広げ、「宗教」の枠では割り切れない、複雑に絡み合った「文化圏」に通底する信心とその差異を見つめ始めています。

 

今回の展示では、カンボジアで制作した作品と共に、日常の文化や風習の中に無意識に現れてくる「信仰の表層」をテーマとした新作を展示します。

 

[記事掲載] 北海道新聞 (2018.3〜2019.2)

30420068_1783985978329598_4596291557555338784_o

北海道新聞 全道版「週刊じぶん」欄に、

月1回(毎月第3土曜日 朝刊)の連載記事が掲載されています。

連載期間:2018年3月 〜 2019年2月

[報告会] 2018.3.21 wed 「『S-AIR Award』の派遣作家による報告会」

DM_jeremy

 

ジェレミー・ハッチソンによるアーティスト・トーク&After AIR: S-AIR アワード報告会

 

日時:2018年3月21日(水・祝)18時〜(風間天心の報告は20時くらい)

会場:なえぼのアートスタジオ(札幌市中央区北2条東15丁目26-28)

入場無料

https://sairblog.wordpress.com

 

「アジアにおける経済/信仰/アートの行方」 風間天心

僧侶でありアーティストでもある風間天心は、カンボジアで、現代アートシーンを引率するアーティスト・ラン・スペースのSa Sa Art Projectで滞在制作。「廃仏毀釈」の逸話を題材にした作品に対する現地の人々の反応、同国における若者の「信仰」についての調査内容について報告します。

 

 

S-AIR Exchange Programme 2017 冬期プログラム

主催:特定非営利活動法人S-AIR

助成: 文化庁 平成29年度アーティスト・イン・レジデンス活動支援を通じた国際文化交流促進事業 / 札幌市さぽーとほっと基金助成事業

協力:Arts Catalyst さっぽろ天神山アートスタジオ なえぼのアートスタジオ