[イベント] 2019.4.13 sat 「平成のむすび式 vol.4 + S-VA-HA(ソワカ) 『卒哭忌/そっこくき 』」

平成のむすび式vol.4-

第22回岡本太郎現代芸術賞にて、同じく僧侶として仏教儀礼を題材に
活動しているパフォーマンスグループ「S-VA-HA( ソワカ)」と共に
儀礼パフォーマンスを行います。
 
 

【平成のむすび式 vol.4 + S-VA-HA(ソワカ) 「卒哭忌/そっこくき 」】

日時:平成31年4月13日(土) 16時より

会場:川崎市岡本太郎美術館 企画室
料金:式への参列は無料ですが、美術館への入場料がかかります。 
 (下記観覧料を参照ください。)
FBイベントページ:
https://www.facebook.com/events/426047908153830/
 
 
コンセプト】

 
風間天心の「平成のむすび式」は、《平成の終わりを一つの契機と捉え、参列者がいま「手放したいもの」を持ち寄り、僧侶による供養儀式を行う》儀礼パフォーマンスです。
 
平成31年という平成最後の年が始まり、丁度、百日目にあたるのが3月31日でした。4月13日に行う「平成のむすび式 vol.4 + S-VA-HA(ソワカ) 「『卒哭忌/そっこくき』」は、“平成という年号が変わる今「手放されるもの」たちへの少し遅い「卒哭忌/百か日忌」”として行います。
 
この観音菩薩を本尊とする「百か日忌法要」は古来より「卒哭忌」と呼ばれ、四十九日忌で来世の成仏もしくは往生した故人の親族が、その死を受け入れ、泣く(哭く)事を卒業する儀礼でもあります。
 
岡本太郎は『日本の伝統』で法隆寺金堂の壁画焼失事件に対し「焼けてしまった事を嘆いたり(中略)するよりも、もっと緊急で、本質的な問題がありはずです。自分が法隆寺になれば良いのです。失われたものが大きいなら(中略)その悔いと空虚を逆の力に作用させて、それよりもっとすぐれたものを作る。そう決意すればなんでもない。」と述べました。
 
このパフォーマンスは “平成” から “令和”への改元という機会に、岡本太郎のいう《過去に対するセンチメンタリズムを卒業し自身の糧とする事》を岡本太郎美術館という場で参列者と共に考え、実践する儀礼パフォーマンスとなれば良いと考えています。
 
(コンセプト文 平林幸壽 S-VA-HA)
 
 
【参列者へのお願い】
 
・平成の終わりを機に「手放したいもの」を持参ください。
 (思い出の手紙、写真、人形、お守り、仏具、、etc.) 
 ※持参されたものは一時預かり、改元直前を目処に
 「お焚き上げ」を行います。
 
・連絡先をご記入いただけましたら、後日開催する
 「お焚き上げ」の詳細(日程/会場)をお知らせいたします。 
 
・可能であれば、「喪服」や「黒い服」でご参列ください。
 (普段着で来ていただいても問題ありません。)
 
・儀式中に撮影した映像は、今後作品として使用します。
 もし不都合ある方がいましたら事前にお知らせください。 
 
 
【S-VA-HA (ソワカ)】
 
仏教・現代・美術グループ ソ-ワ-カ(S-VA-HA)
2012年、[ 仏教 ]と[ 現代美術 ]の直結を試みる[ 仏教•現代•美術 ]グループとして結成。舞踏や読経によるライブパフォーマンスやビデオインスタレーション、映像作品の制作を行なう。
 
メンバーのTETTAはCGや油彩での作品制作や参加型のアートプロジェクト(三十三間堂プロジェクト)を行っている。川上秀行は僧侶 – 美術家で、仏教美術と漫画文化を、現代美術の文脈で捉えた作品を制作している。平林幸壽は僧侶 – 美術家で絵画、立体作品、インスタレーションを通して現代美術と仏教の統合を試みている。
https://svahajapan.wixsite.com/svaha 
 
 
【第22回岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)】 
 
―開催概要―
会期:2019年2月15日(金)-2019年4月14日(日)
休館日:月曜日、3月22日(金)
時間:9:30-17:00(入館16:30まで)
会場:川崎市岡本太郎美術館観覧料:一般:700円(560円)、高・大学生・65歳以上:500円(400円)中学生以下は無料、( )内は20名以上の団体料金
主催:川崎市岡本太郎美術館、公益財団法人 岡本太郎記念現代芸術振興財団
http://www.taromuseum.jp/exhibition/current.html#1206

[展覧会] 2019.2.15 fri 〜 4.14 sun 「第22回 岡本太郎現代芸術賞」

evt_p_1547855255_KN2F


時代に先駆けて、たえず新たな挑戦を続けてきた岡本太郎。

岡本太郎現代芸術賞は、岡本の精神を継承し、自由な視点と発想で、
現代社会に鋭いメッセージを突きつける作家を顕彰するべく設立され ました。


今年で22回目をむかえる本賞では、416点の応募があり、 創造性あふれる25名(組)
の作家が入選をはたしました。 21世紀における芸術の新しい可能性を探る、
意欲的な作品を ご覧ください。

 

 

【第22回 岡本太郎現代芸術賞展】


―開催概要―

 会期:2019年2月15日(金)~4月14日(日)

 休館日:月曜日、3月22日(金)

 時間:9:30-17:00(入館16:30まで)

 会場:川崎市岡本太郎美術館  神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-5

 観覧料:一般:700円(560円)、高・大学生・65歳以上:500円(400円)

     中学生以下は無料、( )内は20名以上の団体料金

 主催:川崎市岡本太郎美術館、公益財団法人岡本太郎記念現代芸術振興財団

http://www.taromuseum.jp/exhibition/current.html#1206

 

-関連イベントー

 

第22回TARO賞ギャラリートーク

入選作家が作品について解説します。

2月16日(土) 14:00~ 風間 天心、國久 真有、イガわ 淑恵、田島 大介、
檜皮 一彦
3月10日(日) 14:00~ 藤原 史江、井口 雄介、梶谷 令、田中 義樹
3月24日(日) 14:00~ 宮内 裕賀、塩見 亮介、赤穂 進、竹内 カズノリ
4月7日(日) 14:00~ Art unit HUST、革命アイドル暴走ちゃん、
秋山 佳奈子、吉田 絢乃
4月14日(日) 14:00~ 本堀 雄二、服部 正志、大槌 秀樹、宮田 彩加、
佐野 友紀

料金:観覧料のみ
※予定は変更になる場合がございます。予めご了承ください。

 

お気に入りを選ぼう!
展示されている入選作品の中から、ご来館の皆様にお気に入りの作品を投票していただくイベントです。
投票の結果は、HP等で発表するとともに、上位の作家には記念品を進呈します。

投票期間:2月15日(金)~3月31日(日)
場所:ギャラリースペース
結果発表:4月2日(火)

 

お手紙プロジェクト
TARO賞の入選作家にお手紙を書いてみませんか?展示室出口の近くにコーナーを設置します。
作家からお返事がくるかも?
期間:2月15日(金)~4月14日(日)

[展覧会] 2019.3.28 thu 〜 3.29 fri 「無人島プロダクション『移植』」

 

Transplant4

無人島プロダクション グループ展「移植」

に加藤翼とのコラボ作品を出品します。

 

無人島プロダクション グループ展「移植」

会期:2019年3月28日(木)・29日(金)
会場:無人島プロダクション
Open:14:00-20:00
二日間のみの開催

http://www.mujin-to.com/index_j.htm